海外出張の目的は仕事の遂行。多額の出張費がかかった業務で失敗のないよう準備はしっかりしよう!

これでチェック!

海外出張マニュアル

 

 

    
a0050_000039.jpg
a0050_000039.jpg

20140105_090429.jpg
20140105_090429.jpg

a0035_000043.jpg
a0035_000043.jpg

a0050_000039.jpg
a0050_000039.jpg

1/6
メニュー

ホテルについたら

慣れない環境で仕事を済ませホッとできるのがホテルの自室。次の日のためによく休息を取り、快適に過ごしたい。

 

部屋を確認

 

部屋に不備があったり、禁煙なのに喫煙部屋だったなどの手違いがある場合は、すぐにフロントに連絡して変更しもらう。他にシャワーを浴びたらお湯が出ないなど途中で気づいた場合でも遠慮なくフロントにクレームして部屋を変えてもらうか対応してもらう。

    
スーツを掛ける

 

しわになりやすいスーツなどはすぐにハンガーにかける。一晩たてばしわが伸びる。

 

            
濡れたタオルやバスタブにお湯を張って湿度を保つ

 

乾燥しすぎを防ぐには、バスタブに熱いお湯を張りドアを開けっ放しにしたり、タオルを濡らして顔の近くにかけておくなどする。 手洗いで洗濯した場合には洗濯物を干せば一石二鳥。

 

 

          
ビーチサンダルやスリッパを着用

 

室内は外履きなので日本人には慣れない。特にシャワーの後にくつを履くのは気がひける。ビーチサンダルやスリッパを着用すると快適さがアップ。ビーチサンダルならそのままシャワーを浴びられる。

 

          
眠れない

 

どんなに疲れていても時差ぼけで眠れない、または数時間で朝が来たように起きてしまうことがある。こういう時はなにをやっても寝られない。

 

少しお酒を飲むのも良いし、軽い睡眠薬があると助かる。

 

 

          
チップ

 

必要な国ではサイドテーブルに置くのがマナーだが、置かなくても清掃状態が変わるわけではないので、そんなに神経質になることはない。

 

 

          
空調に注意

 

夏は寒すぎる、冬は暑くて乾燥しすぎるということがある。空調がかかったまま寝ると次の日喉をやられることがよくあるので、気をつけること。必要であれば1枚多めに着て寝るなど調整する。

 

          
ホテルのWifi環境をととのえる

 

ホテルの自室のWifi環境が良いと非常に快適である。

おすすめ